今日は「彼岸明け」

2020.09.25 Friday

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が

あります。9月19日の彼岸の入りで

今日は、9月の25日は彼岸明け。

 

この間、ご先祖に心を馳せ

感謝と己の煩悩に勝ち、悟りの

境地に立てるよう修行の期間と

言われます。

9月23日夕方、極楽浄土の方角、西の空を

見上げると「うろこ雲」がびっしり拡がり

その中心には大きな天空への入り口?とも

受け取られるような、ポッカリと

大きな口。異次元の世界が有るかのような

不思議な感覚を覚えました。

 

スーパーで買った 茄子漬けを食しながら

100歳で亡くなった母を思いでして

居ります。

茄子漬けが上手でした。本当に美味しく

私達、親族に食べさせたく、茄子を育て

収穫後すぐに漬けて呉れ、シニアカーで

自宅まで届けて呉れる母の姿を

思い出します。

 

先ほどの「うろこ雲の大きな口」から

母が覗いて看てくれて居たのでは無いか?

亡くなって3年、感謝の思い一杯です。

 

「具体的な祖先への孝とは、

天子は、自ら大地を耕し、その穀物を

器に盛って祖先に供え、良き妻は自ら蚕を

養いその紡いだ絹で祭服を作って

祖先の霊に供えねばならない。

 

これ以上の孝の実践は無いため、此処まで

された祖先の霊は之に報いようと子孫に

大いなる福をもたらして呉れる。」

 

現代に息づく「陰陽五行」の本を参照

致しました。

 

天皇家の、お田植えの神事〜

新嘗祭」そして皇后様がお蚕(小石丸)

を飼育されて居られる、意味が少し

分かったような思いです。

 

一般庶民の一人として自ら耕作は

出来ないため日々の暮らしの中で

 

初物・珍しい物などお供えし、心を

通わせて行きたいと思って居ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「東洋医学と不妊」

2020.09.18 Friday

旦飯野神社さまへの階段90段

位有ります。階段を上りながら

神社の杜から頂く「気」を

感じながら心も研ぎ澄まされて行く

のですが、最近では息切れ、足が

吊ったりする事もある事態です。

 

実は私、中学生の頃、体育系の

部活を才も無いのにかなり一生懸命

やっていまして「椎弓」を疲労骨折

したため「分離すべり症」の状態。

 

あの時代、ストレッチ、クールダウンの

大切さの指導は無かった時代です。

水も飲まない方が良い。等

今とは真逆の指導が行われて居た時代

です。

 

最近、度数が上がったらしく十数年前

にお世話になった「治療院」へ

行ってきました。

「分離すべり症」を維持していく

為、背筋と腹筋で背骨を正常な位置に

保つ必要性を模型を使って説明して

下さいました。

 

矯正と針、お灸で治療して頂き

筋肉を弛緩してからの腹筋運動

指導して頂きました。

継続しますと、足に「ピッ」と

電気が走る回数が減っています。

 

受付に小さな子供さんの写真が

何枚か貼られて有ったので先生に

伺うと「中々、子供さんが出来ない

方に治療を施した処、何人か妊娠し

生れたお子さんの写真を送って

呉れるんですよ」とのこと

 

「医学的に子供さんが出来ない方

は無理ですが、冷たく堅い土壌に

種を蒔いても芽が出ない。のと同じく

温め、土壌を柔らかくしてあげれば

芽が出て花が咲くのです。

東洋医学を試してみる価値はあると

思いますよ」とのお話です。

 

不妊で悩んで居られる方は多く

いらっしゃいます。不妊治療の

保険適用を菅政権は掲げています

が、それは大変喜ばしい事です。

金銭的負担は軽減されるでしょうが

体への負担はかなり有ると聞いています。

 

医学的に問題が無いようでしたら

東洋医学を試して看る価値は

有るのでは無いでしょうか?

 

私の住んでいる住宅街にも

子供さんの声が聞こえない。

淋しい思いと同時に、日本の将来が

危ぶまれます

 

 

 

 

「庚」は「更」の別号。

2020.09.16 Wednesday

2020年の干支「庚子」

「庚」の別号「更」

「更ーかわる」と言う意味が

あります。

「万物が成長すると姿形がその成長に

合わせて変わる様子を表す」

 

12支「子」には、「もだえる」に通じ

「再び生命が活動し始める状態」をさす。

 

菅 新内閣が発足いたしました。

まさしく「庚子」の年の意味する

社会状勢と為っていくようです。

 

菅 新総理は

・縦割り制度、既得権益、悪しき

 前例主義を破り国民目線に立ち

 規制改革を確りやっていきたい。

 

・拉致問題は最重要課題であり

 不退転の覚悟で臨みたい。

・etc。

 

記者会見の席で表明されました。

「国民の幸せのため働きたい」と

発言されました。

実生活に合った、真の改革者に

為って頂きたいものです。

期待しております。

 

 

 

 

素敵なコーヒーshop

2020.09.14 Monday

大切なお知り合いが喫茶店を開店され

一年が過ぎ、伺いたいと思いながら

本日念願が叶いました。

 

 

 

ストローはサトウキビで出来たもの。

新潟の田園風景、刈り取り前の

黄金色の稲穂を前に心を癒やし、

ユックリとした一時を過ごすことが

出来ました。

 

オーナーのコーヒー焙煎の腕は

有名です。

軽食・ケーキなども有り+

素晴らしい景色。

至福の一時を過ごすことができます。

 

場所は新潟市西区中権寺

周りは住宅街に囲まれながら、

この景色は貴重です。

 

ご紹介します。

 

若いカップル・女子たちでお店は

繁盛、皆様、くつろぎ幸せな一時を

満喫して居られるようです。

 

是非一度、機会がございましたら

訪れて看て下さいませ。

 

一部刈り取られた田圃には鷺の

群れが落ち穂をついばんでいる

風景は、何にも代えがたく

癒やされます。

何という花でしょうか、キアゲハの

幼虫が何匹も、ミツバチも花粉を

集めています。

何かリゾートでユッタリ。

そんな感覚を覚えました。

 

「盗難」被害防衛。

2020.09.11 Friday

毎年この時期、友人が育てた

シャインマスカットを頂きます。

大好きなシャインマスカット

食しながら、幸せ感でみたされます。

 

高価なだけに自身で買うときは

かなりの決断がいります。

持ってきて下さる友人に感謝!

 

高級品で高価なシャインマスカット

が農園から盗まれる。と言う事件が

相次いでいるという。

 

1年掛けて丁寧に目を掛け、愛情込めて

育て、収穫寸前に盗まれる。

生産者の方々の思いは如何ばかり

で有ろうか。

 

又、ネット社会によるカードの不正

利用・不正送金・.....etc.

コロナ禍でネット通販の売り上げ増

利用者が増加している。現実、

悪用し、悪知恵を働かせる人たち

がいるのは世の常。ですが

世界中と繋がるネット社会は姿が

見え難いだけに十分なセキュリティー

で対応して行かねば為らない。

 

「易経ー繋辞伝」

「戸締まりをおろそかにする事は、

わざわざ、盗みを教えるようなものだし、

派手な化粧は、劣情を挑発するものに

他ならない」

 

又「易経ー繋辞伝」では、

このようにも伝えている。

 

「小人(しょうにん)は、わずかな善行

など利益に為らぬと考え行おうとせず、

わずかの悪事ならたいしたことはないと

考え中止しない。しかし、悪事を積ねる

うちに、終には身の破滅は逃れようにも

なくなる」

 

企業のセキュリティー対策の強化

そして、自己防衛を確りとしていきたい

ものです。

 

 

 

「9月の開運ポイント」更新しました。

2020.09.07 Monday

超大型の台風10号

九州地方に大きな爪痕を

残したようです。

皆様、被害はございません

でしたでしょうか?

今日は24節気の1つ「白露」

この頃になると昼夜の気温差が

大きくなり朝晩の空気が冷やされる

事で、草花が露を付けるようになる。

 

年々、季節がズレて居るように

思えます。春・秋の過ごしやすい

期間が短く為って居るのでは

無いでしょうか?

 

ストップ地球温暖化!

急いで官民一体となり取り組まないと

為りませんね。

 

台風9号・10号、海水温が下がらない

為、太平洋高気圧が居座ることにより、

台風も発達・進路も変化していると言う。

 

あるコンビニで、プラスッチック容器

削減の取り組みとして「洗剤の量り売り」

実験スタート。

私達、消費者の意識改革も必要ですね。

 

「10月の開運ポイント」更新しました。

ワンポイントアドバイス、ラッキー

アクション等、ご参考にして頂ければ

幸いです。

 

暑い夏の疲れ、コロナ禍での自粛疲れ

等 出やすくなります。

体調管理を為さり、ご自愛下さいませ。

 

 

 

 

「祈りとは願いである」

2020.09.03 Thursday

9月入りましたが猛暑が続い

て居ります。

大型台風10号、非常な勢力らしい。

万全な防災準備をする必要がある

ようです。

 

先日の「円純庵 先生」の講演の

中で「祈りとは願い」である。

とのお話がありました。

 

私なりに受け止め、落とし込んだ

考え方です。

 

今はあまり耳にしなくなった参拝法

の「お百度参り」

お若い方々には「知らな〜い」と

の返事が返ってきそうです。

 

「お百度参り」とは、切実な切羽

詰まった願いが出来湧いた時、

「何としても願いを叶えて頂きたい

神仏のお力をお借りしたい!」

 

このような時、相当な覚悟を以て

望む参拝法です。

中途半端で生半端な心では、やり抜く

事が難しい。

 

「心底からの願いは神仏に通じる」

「祈りは願いである」

 

今の時代、昔と違って医療技術・

医療制度の向上、生活の安全性

の向上、セーフティーネット

保障制度、etc。

このような事から、心底からの

願い。をする必要性も少なくなって

居るのかも知れません。

 

コロナ禍の真っ只中、社会情勢が

大きく変化し、今まで大切と思われて

きた事にも制限が掛かっています。

「人と向き合い、人の目を見て会話

するのですよ」と教わった。

今のコロナ禍では密でありタブー

となる。

 

全く新しい生活スタイル・新しい

観点から見直す良い機会なのかも

知れません。

 

飲食業・旅行業・交通機関・

娯楽施設・・・・・etc。

打撃は想像以上なのかも

知れません。

 

「苦難福門」

「苦難は人生転換の好機」

「挫折は成功の条件である」

等と言われます。

 

「心底からの祈り=願い」を

以て我と向き合ったとき、

今、与えられた時を大切に

生きたとき、何かの閃き、

扉が開き、力が湧いて来るもの

です。

 

それでも、もし、人生の岐路に

立ち、方向性に迷いが生じたら、

ご一報下さいませ。

占い師としてキットお役に

立てる筈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「七福神」の由来。

2020.08.31 Monday

昨夜、久々の会食、コロナ対策

が執られながら納涼会に参加。

 

円 純庵先生(心学者・仁学者)

の講演「七福神信仰」の歴史を

楽しく教えて下さった。

 

何方もご存じの「七福神」

・恵比寿様(商売繁盛・漁業の神)

・大黒天(豊作の神)

・毘沙門天(戦いの神)

・弁財天(女神、知恵、財宝、音楽)

・布袋様(中国の実在のお坊さん

     財の尽きることの無い袋)

・福禄寿(長寿、招徳 人望)

・寿老人(富貴長寿、延命長寿)

 

この七神のうち日本の神様は只

お一人「恵比寿様」との事。

 

他の六神は渡来神であるとは・・・・。

インドのヒンズー教やバラモン教

中国の道教の神々様との事。

 

日本は島国ゆえ、いろんな文化がどんどん

入ってくる。それらを寛容に受け入れ

仏教や神道の宗教と融合し「日本教」

の誕生となり現在に伝わっているようです。

 

その後、以前から「ハンドパン」なる

楽器に興味津々でした、生演奏で

聞けるなんて感激!

深みのある音色、演奏者は新潟在住の

「学さん」指導もして下さるようです。

もう一方の木の箱のような楽器「カホン」

まるでドラムです。

新潟古町芸妓の「紅子さん」

艶やかな舞の披露。素敵でした。

 

連日の猛暑、疲れ切った身も心も

癒やして頂き、鋭気を養いました。

久々に楽しかった一夜でした。

 

明日から9月ですが、30度超えの

日々は未だ続くようです。

台風の発生も気になります。

 

コロナ感染しないよう、熱中症対策に

配慮し、ご自愛下さいませ。

 

 

日干「庚辰」ー魁ごう日生れ

2020.08.28 Friday

安倍総理大臣の辞任の意向が

報道されました。

 

四柱推命鑑定から看た

安倍総理大臣の今年の運勢

日干「庚辰ー魁ごう日」生れ

 

魁ごう日 生れの人は特殊な運気を

有す。聡明で進取的、果断で社会的に

大きく発展する。

運気次第で、極旺・極衰の運気と

為りやすい。

 

魁ごう日の人は「財・官」の運気に

健康運・事故運・トラブル運を

招きかねない運気と為り易い。

 

安倍総理大臣は大運(6年運)今年

から「偏財」運に移行しました。

(特に大運の変わり目は注意が必要)

 

今年の流年「庚子ー比肩の休囚運」

年柱(50代・60代の柱)「甲午」

と天戦地冲の運気が巡っている事

 

水の三局(申・子・辰)が月柱の

「傷官ー帝旺」を更に強め、

精神的ストレスはかなり強く受けて

居られた事が推測出来ます。

 

それにより。持病「潰瘍性大腸炎」

の悪化と為られたようです。

 

以上の事を鑑み、安倍総理大臣の

健康運・進退を心配して居りました。

コロナ禍の真っ只中、スムーズな

政権委譲が為されることを願うもの

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コロナ禍での学生達」

2020.08.21 Friday

(子蛙も窓ガラスに張り付き室内から

 涼を執っている?)

立秋も、とうに過ぎておりますから

「残暑 お見舞い」の時期ですが

今年は「酷暑 お見舞い申し上げます」

皆様 体調を崩されては居られません

でしょうか?

コロナ予防対策と共に熱中症対策で

ご自愛下さいませ。

 

社会状勢が一変してしまった本年

未だ1度も大学に通えていない。と

言う学生さんも居られるようです。

 

受験勉強を勝ち抜き、希望の大学に

入学し、夢や喜びを以て大学生活

に胸を膨らませて居られた事でしょう。

 

学生さん同士の交流も無い状態

学習もリモートで理解もままならない

ようです。

 

大学2年の孫の大学は東京に有る為

2学期もリモート講義。と言う

 

事に新1年生の不安感は如何ばかりか?

高校を卒業したばかり、社会との

係わりが閉ざされている現況、

 

親元からも離れ、友人との繋がりも

SNSを通して。そのような方も

多いのでは無いでしょうか?

若い青年達の精神性を思うとき

サポート体制は出来ているのか?

 

コロナ禍で置き去りにされかねない

問題かも知れません。

 

日本のいや、世界の未来を担う

大切な若者達です。

この苦難の時代・何か掴める筈。

 

そして学校関係の皆様の心ある

サポートを期待すると同時に

どうぞ親御さん、愛情ある

心のサポートをして、差し上げて

下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

>> トップページ

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最新の記事

月別アーカイブ

最新コメント

おすすめリンク集

サイト内検索

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM