相撲と陰陽道。

2020.03.22 Sunday

 

大相撲春場所の無観客での千秋楽と

為りました。テレビを見ると、いかに

観客の声援・眼差し・の大切さを感じ、

迫力に欠けたようで寂しさを感じて

居りました。(私的な感想です)

 

しかし、千秋楽の本日、八角理事長の

ご挨拶の中で

「世の中の平安を祈願する為、行わ

れて参りました。力士は健康な体の

象徴とされ、四股を踏み、相撲を取る

・・・・1500年前から脈々と受け

継がれて・・・・・」

 

このご挨拶から相撲は神事であり

陰陽五行と密接な関係がある事を

改めて再認識しました。

 

・「ハッケヨイ!」は「八卦ヨイ!」

 (四方八方よしー東・西・南・北・

 東北・東南・西南・西北ー四方

 八方丸く治まり天下泰平である)

 

・土俵ー正方形で東西南北に正確に

 設えられ大地を表し(陰)

 

・藁の俵ー円形で天を表す(陽)

 

・軍配ー月(陰)と太陽(陽)。

 (大昔、本物を見させて頂いた

 事が有ります。かなりの重量

 です。引退した軍配だったと

 思います)

 

・四股を踏むー陰陽道で結界を張る時

 四股を踏んで邪気を祓い、土地を

 清めていたそうです。

 

八角理事長の並々ならぬ決意の、深い

意味合いが理解できます。

 

千秋楽の今日「神送りの儀式」初めて

見ました。相撲の神様を天に送り返す。

と言うのです。

行司の木村勘九郎さんを力士が胴上げ

し、宙に舞うのです。

見れてラッキーでした。

 

相撲が「神事」と言われる由縁ですね。

テレビ観戦も少し角度を変えて見れる

かも知れませんね。

 

 

スポンサーサイト

2020.03.30 Monday
  • -
コメント
コメントする








    

>> トップページ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

最新の記事

月別アーカイブ

最新コメント

おすすめリンク集

サイト内検索

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM