「終戦から75年」で思うこと。

2020.08.15 Saturday

本日は「終戦の日」です。

正午の時報とともに黙祷を

させて頂き、戦禍に倒れた

皆様の ご冥福をお祈り致しました。

 

連日テレビで、当時の様子を

報道されております。

アメリカの従軍カメラマン撮影

「焼き場に立つ少年」の写真

 

9歳位の少年でしょうか?

亡くなった弟をオンブしながら

歯を食いしばり直立不動・裸足

親族は被災され自らも被爆され

たのでは?

 

日本国中、大変な想像を超える

悲惨な状態で有った事、

よく此処まで発展・繁栄・

安全と言われる国へと新化し

今が有る事を思う時、

先人の方々の並々ならぬ努力・

精神力・行動力があったればこそ

と、思いを馳せております。

 

しかしながら、日本だけでは

無く世界中が、繁栄・発展を

求め結果、頂点に達し、行き

過ぎている現状に思えて為りません。

 

地球温暖化による自然災害・

平均気温の上昇、まさしく今夏

「危険な暑さ」なる表現がされ

る程です。

 

「#自然界の調和」が崩れて

居るのでは無いでしょうか。

世界中に広まる「コロナ感染」

地球温暖化による自然災害。

 

この辺で「自然の摂理に沿った

生き方をしなさい」との警告の

ように思えて為りません。

 

・人としての有るべき姿

(自分も大切なように相手を

 思いやる心)

 

・怒りや恨みの心を捨てる

(角度を変えて自分を見た時

 それは本当に正しいのか?)

 

・感謝の心を忘れて居ませんか

(今、こうして居られる諸々に

 目を向けてみる)

 

・謙虚さの欠如

(周りの方々のお陰で今の自分

 がある。と思った時、決して

 自分の力だけでは無いことに

 気づく筈です)

 

・喜働の精神で働く

(いやいやながら働くの、と喜ん

 で取り組むのとでは差がでます)

 

・朝寝・夜更かし

(自然に沿った生活スタイル)

 

これ以上の調和を欠いた、欲望の

発展・欲望の繁栄から、心の成長

心の充実。

本来、人としてある姿へと

転換する時のように思えます。

 

ある企業の取り組みで嬉しいニュース。

 

食品ゴミから食器が作られ、その食器

は再利用され肥料に為ると。

 

使い捨てのプラスッチク製品では無く

循環型の社会に為ることを望んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

2020.09.25 Friday
  • -
コメント
コメントする








    

>> トップページ

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

最新の記事

月別アーカイブ

最新コメント

おすすめリンク集

サイト内検索

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM